転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  転職に関わる人間関係 >  転職先で人間関係を上手くするために

転職先で人間関係を上手くするために

転職を成功させるためには、人間関係を上手く築いていくことも大切な要素です。
この人間関係に関して言えば、
転職者の年齢が上がるのに比例して難しくなっていく傾向にあるといえます。
30代や40代の人が実績や経験をかわれて、課長や部長といったポストで転職する場合は、
いきなり部下を持って、部署の責任者として働き始めることになります。
この場合絶対してはいけないかうだけです。
またついやりがちなのが、早く一目置かれたいがために大口を叩いてしまうことです。
転職先での確固たる居場所を確保したいという気持ちは分かりますが、
下手に大口を叩いてしまうと、後々苦労することになります。
最初は謙虚にしておいたほうが無難です。
そして人間関係において、最も手間がかかるのが部下とのコミニケーションです。
一人一人の部下の性格や能力を把握することは、なかなか大変なことなので、
時間をかけてやっていくことになります。
また、部下の仕事のやり方に対して文句を言う時も注意が必要です。
部下の方は今までの慣例や、
仕事の進め方から普通に当たり前だと思って仕事をやっているのかもしれません。
ゆっくりと時間をかけていい人間関係を築いていきましょう。

転職に関わる人間関係

退職から転職時に関わるさまざまな人間関係について特集しているカテゴリとなります。人事の引継ぎ、新しい職場になじむためのアドバイスなどをやさしく解説。

関連エントリー

・転職を考える理由
・転職先で人間関係を上手くするために
・部下との人間関係
・上司との人間関係
・転職で人間関係に悩んだら
・上司との付き合い方
・人間関係の解決策