転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  転職に関わる人間関係 >  部下との人間関係

部下との人間関係

転職先の人間関係で、最も難しいといえるのが上司と部下の間柄です。
転職先で、上司として部下に接していくときのポイントをご紹介します。
部下とのコミュニケーションの取るために、なるべく会話をするようにしましょう。
なれなれしい関係にならないようにするため、言葉遣いには気をつけます。
そしてたとえ相手が部下であっても、何か頼む時には、「お願いします」とか、
「ありがとう」といったお礼の言葉はきちん言いましょう。
部下に対する態度で注意したい点は、高圧的で横柄な態度を取らないことです。
威張ったり、萎縮させるような態度もよくありませんない。
上から物を言うのではなく、
一緒に仕事をがんばって行こうという目線で話すようにするのが良いようです。
また部下を差別をしないとか、根気良く接するといったことも大切です。
仕事上のモチベーションを維持させるためには、やる気に水を差さないとか、
いいところはどんどん褒めて伸ばすといった気配りも大切です。
ただし、優しいだけでは部下に舐められてしまいます。
親しき仲にも礼儀あり、という線引きも必要です。

転職に関わる人間関係

退職から転職時に関わるさまざまな人間関係について特集しているカテゴリとなります。人事の引継ぎ、新しい職場になじむためのアドバイスなどをやさしく解説。

関連エントリー

・転職を考える理由
・転職先で人間関係を上手くするために
・部下との人間関係
・上司との人間関係
・転職で人間関係に悩んだら
・上司との付き合い方
・人間関係の解決策