転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  転職に役立つ知識 >  退職願と退職届の違い

退職願と退職届の違い

転職をするための基礎知識として、退職願と退職届の違いについて説明します。
会社を退職する時、通常提出します。
では、退職届と退職願ではどのような違いがあるのでしょう?
これには法律上では特別な解釈の違いはないようです。
しかし一般的には、次のような違いがあるとされています。
退職願はその名の通り、
合意により労働契約を解約することを希望しているという意思を表すものです。
退職届の場合は、退職の意思が確定したことを、
会社に対して通告するものであると捉えられています。
この2つの大きな違いは、一度表明した退職の意思を撤回できるかできないかという点です。
退職願の場合、会社が退職を承諾しなければ撤回が可能とされる場合がほとんどです。
しかし退職届の場合は特段の事情がなければ撤回は許されない、
という考えが一般的な判断になっているようです。
以上のようなことから、会社に退職の意思を表す場合、
会社に対して明確に辞める意思を伝えたいのであれば、
「退職届」を提出するほうが適切であるといえます。

転職に役立つ知識

転職に役立つさまざまな知識を特集!雇用先を探すための手段、キャリアアップのアドバイス。税金や資格取得の必要性などの疑問点などについてもやさしく解説。

関連エントリー

・キャリアアップする人のための退職の基礎知識
・退職願と退職届の違い
・求人広告の見方
・転職先の内情を知る方法
・雇用保険とは
・転職活動における筆記試験対策
・転職の際の小論文に関する考え方
・転職の際の適性検査について
・転職活動とメールの活用
・転職情報の入手方法
・転職者が旬の求人情報を入手する方法
・転職を成功させるための情報収集
・賞与を貰ってから転職をしたい場合
・転職の為の資格選び
・転職を有利にする資格のレベル
・転職の為の高レベルの資格取得
・転職者の税金