転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  転職に役立つ知識 >  転職活動における筆記試験対策

転職活動における筆記試験対策

転職面接において、筆記試験は、1次面接前後に行われることが多く、
その内容は「学力試験」「時事問題」「業界に関する問題」などについての出題です。
この筆記試験に合格するためには、基礎的な学力が必要なのはもちろんですが、
日頃から新聞やテレビのニュース番組などに目を向けて、
時事問題に関する知識を得ることが必要です。
また、「業界に関する問題」については、
専門雑誌やインターネットなどで下調べをしておきましょう。
筆記試験を重視するか、面接を重視するかは、企業によってさまざまです。
筆記試験後に行われる「SPI検査」などの適性検査を最も重視するかもしれません。
一般的に銀行・証券・メディア関連の企業は筆記試験を重視しているといわれているようです。
いずれにせよ、どの試験であってもクリアできるよう、万全の対策を整えておきましょう。

転職に役立つ知識

転職に役立つさまざまな知識を特集!雇用先を探すための手段、キャリアアップのアドバイス。税金や資格取得の必要性などの疑問点などについてもやさしく解説。

関連エントリー

・キャリアアップする人のための退職の基礎知識
・退職願と退職届の違い
・求人広告の見方
・転職先の内情を知る方法
・雇用保険とは
・転職活動における筆記試験対策
・転職の際の小論文に関する考え方
・転職の際の適性検査について
・転職活動とメールの活用
・転職情報の入手方法
・転職者が旬の求人情報を入手する方法
・転職を成功させるための情報収集
・賞与を貰ってから転職をしたい場合
・転職の為の資格選び
・転職を有利にする資格のレベル
・転職の為の高レベルの資格取得
・転職者の税金