転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  転職に役立つ知識 >  転職の為の資格選び

転職の為の資格選び

■キャリア・適性

転職を有利にするために資格を取得する際は、
経験がある(キャリア)職務や現在の仕事に関連する資格を選ぶことが大切です。
転職活動の時に、実務経験(キャリア)と資格の両方からアピールすることが出来るので効果的です。
経験がある(キャリア)職務や現在の仕事に関連する資格を選ぶことには、
最初から勉強して資格取得する場合よりも、ある程度の知識があるので、
資格が取りやすいというメリットもあります。
また、苦手の分野の仕事よりも、自分の適性にあった資格を取るように心がけましょう。
嫌いな分野の資格を取得したとしても、それを仕事活かせるかどうかが問題だからです。
そして転職に役立つ資格とは、将来的に使えるものかどうか、ということも大切な事です。
この点も良く考えて、ただ自分が興味があるからといった単純な理由で選ばないようにしましょう。
自分がなにをやりたいか、どのような職業に転職をしたいのかを良く考えてみることです。

■市場価値の高さ
転職をするための資格を選ぶ際には、選んだ資格が転職を希望している市場において、
価値が高いかどうかかを知る必要性があります。
転職の際に企業が一番必要視するのは、経験(キャリア)です。
しかし、経験者が少ない職業や、人材不足の職業の場合は、
経験(キャリア)ない人や少ない人でも資格が十分活かせるチャンスがあります。
このようなことから転職を希望している市場が求めている資格をしっかりリサーチをして、
資格を選んでいくことが大切です。
転職サイトや、求人誌、ハローワークといった求人情報源や、
転職希望企業の経験者や現役で働いている人からの情報収集で、
どんな資格が評価価値が高いのかを聞くことが出来れば、
志望業界の今旬の資格を知ることが出来るのではないでしょうか?
転職の時に強い資格を取得して、ライバルに差をつけるには、
市場価値の高い資格を取得するのが大切です。

再就職を成功させるために・・・

転職に役立つ知識

転職に役立つさまざまな知識を特集!雇用先を探すための手段、キャリアアップのアドバイス。税金や資格取得の必要性などの疑問点などについてもやさしく解説。

関連エントリー

・キャリアアップする人のための退職の基礎知識
・退職願と退職届の違い
・求人広告の見方
・転職先の内情を知る方法
・雇用保険とは
・転職活動における筆記試験対策
・転職の際の小論文に関する考え方
・転職の際の適性検査について
・転職活動とメールの活用
・転職情報の入手方法
・転職者が旬の求人情報を入手する方法
・転職を成功させるための情報収集
・賞与を貰ってから転職をしたい場合
・転職の為の資格選び
・転職を有利にする資格のレベル
・転職の為の高レベルの資格取得
・転職者の税金