転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  転職に役立つ知識 >  転職を有利にする資格のレベル

転職を有利にする資格のレベル

転職を有利にするために資格を取得しようと考える人は多いと思います。
しかし転職に役立つ資格を取得するためには、取得しようとする資格のレベルが、
転職を希望する企業のレベルに比例しているかどうかが問題になります。
取得しようとする資格が、転職を希望する企業の職務に関連のあるものだとしても、
レベルの低い資格ではあまり転職活動には役立たないと思われます。
英検を例にあげると、英検は1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級のレベルに分かれています。。
このなかで転職時に採用担当者の目に留まる最低レベルは準1級以上だといわれているようです。
つまりは、難易度の低い資格ばかりをたくさん持っていても、
転職に役立つ資格とはいえないということです。
転職企業のレベルに合わせた、資格レベルの取得が、
転職の際に役立つ資格だといえるでしょう。

転職に役立つ知識

転職に役立つさまざまな知識を特集!雇用先を探すための手段、キャリアアップのアドバイス。税金や資格取得の必要性などの疑問点などについてもやさしく解説。

関連エントリー

・キャリアアップする人のための退職の基礎知識
・退職願と退職届の違い
・求人広告の見方
・転職先の内情を知る方法
・雇用保険とは
・転職活動における筆記試験対策
・転職の際の小論文に関する考え方
・転職の際の適性検査について
・転職活動とメールの活用
・転職情報の入手方法
・転職者が旬の求人情報を入手する方法
・転職を成功させるための情報収集
・賞与を貰ってから転職をしたい場合
・転職の為の資格選び
・転職を有利にする資格のレベル
・転職の為の高レベルの資格取得
・転職者の税金