転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  正しい履歴書の書き方 >  履歴書の志望動機欄を書くときのポイント

履歴書の志望動機欄を書くときのポイント

転職者にとって、就職活動の第一歩は履歴書の作成です。
履歴書の大切なポイントは、志望動機の内容です。
新卒者であれば多少未熟な履歴書であっても、面接までいくことがありますが、
転職者の場合は社会経験があるわけですので、未熟な履歴書では、担当者から相手にしてもらえません。
また、志望動機の欄が空白であったり、「貴社の業務が自分に適している」といったような一般的な表現では、
担当者に訴えるものがありません。
では、どんな志望動機を記入すれば良いのでしょうか?
志望動機を考えるには、まず「自分の今までのキャリアの棚卸し作業」をやります。
自分がどんな能力を持っているか、前の会社でどのような経験を身に付けたかを考えます。
そして、希望する企業で、自分の特色や能力をどのように活かしていきたいかを明確にすることで、
履歴書に書ける志望動機が決まってくるのです。

正しい履歴書の書き方

就職、転職活動時には自分の分身のように扱われる履歴書の正しい書き方についてアドバイスしていきます。写真の貼り方、キレイな字を書くためのコツなど注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・基本的な履歴書の書き方
・履歴書の志望動機欄を書くときのポイント
・履歴書の学歴・職歴欄を書くときのポイント
・履歴書の免許・資格欄を書くときのポイント
・履歴書の趣味・特技欄を書くときのポイント
・履歴書で自己PRを効果的にするポイント
・履歴書に写真を貼るときの注意点
・履歴書の本人希望欄を書くときのポイント
・履歴書を送付する前にチェックしたいポイント
・履歴書の添え状とは
・履歴書の添え状の基本的な書き方
・専門職へ転職希望の人の履歴書の添え状