転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  正しい履歴書の書き方 >  履歴書の学歴・職歴欄を書くときのポイント

履歴書の学歴・職歴欄を書くときのポイント

履歴書の学歴・職歴欄の記入について説明します。
履歴書の学歴・職歴欄の1行目には「学歴」と記入します。
学校名は、正式名称を記入します。
小中学校は卒業年月のみ記入してあれば、入学年月の記入は必要ありません。
高校からは入学年月・卒業年月を記入します。
また、小・中・高では、公立か私立かの区別がつくように「東京都○○区立」や「学校法人○○学園」などを、
各学校名の頭に付けます。
大学の場合の国・公・私立の記入は必要ありません。
そして転職者は学歴の後に、過去の職歴の記入が必要となります。
学歴の最終行から1行あけ、職歴の1行目に「職歴」と記入します。
会社名は正式名称を記入します。
特に「(株)○○」と略した記入はせず、「株式会社○○」と書き、また所属部・課も書きます。
職歴を履歴書だけでアピールできない場合は、職務経歴書を付け、職歴の最後の行に「別紙職務経歴書」と書きます。
アピールになると思われるのであれば、長期のバイトやパート歴も記入しましょう。
すべての学歴・職歴の記入が終わったら、最後に右側に寄せて「以上」と記入して、完了です。

正しい履歴書の書き方

就職、転職活動時には自分の分身のように扱われる履歴書の正しい書き方についてアドバイスしていきます。写真の貼り方、キレイな字を書くためのコツなど注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・基本的な履歴書の書き方
・履歴書の志望動機欄を書くときのポイント
・履歴書の学歴・職歴欄を書くときのポイント
・履歴書の免許・資格欄を書くときのポイント
・履歴書の趣味・特技欄を書くときのポイント
・履歴書で自己PRを効果的にするポイント
・履歴書に写真を貼るときの注意点
・履歴書の本人希望欄を書くときのポイント
・履歴書を送付する前にチェックしたいポイント
・履歴書の添え状とは
・履歴書の添え状の基本的な書き方
・専門職へ転職希望の人の履歴書の添え状