転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方

経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方

他の職種と比較しても、IT系への転職を希望する場合、
特に職務経験や職務にたずさわった期間が重要視されます。
ですのでIT系への転職を希望するの職務経験が浅い場合、
職務経歴書を書く時には工夫が必要になってきます。
経験が浅い分、経験や技術、たずさわった業務がなど、
職歴欄に書ける内容が少なくなってしまいます。
自分が今まで勤めていた会社の事業内容や従業員の人数などの、
会社概要を詳しく記入したりして、
スペースをなるべく埋めれるように工夫をすることも大切ですが、
代わりに自己アピール欄を充実させて、仕事に対する熱意を具体的にアピールすることが良策です。
他にも、学生時代に学んだことや、研究をしたことなどを書くこともよいでしょう。
また、実務経験がない分、持っている資格や知識の内容などの、
自己啓発の要素をアピールすることも、転職に効果的な職務経歴書の書き方です。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方