転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  職務経歴書の形式

職務経歴書の形式

職務経歴書とは、履歴書では書ききれない具体的なキャリアや自分のやる気をアピールするものです。
これまでやってきた仕事の内容だけでなく、その成果も盛り込み、自己アピールにつなげましょう。
職務経歴書には、転職者の人の職業経験と共に、その人の個性もあらわれます。
その職務経歴書について紹介します。
職務経歴書のサイズはA4で、枚数は1〜2枚程度が適量です。
職務経歴書には大まかに分けて「編年体形式」と「キャリア形式」がありますが、
形式が決まっているだけで、書き方やレイアウトは自由です。
編年体形式は時系列に沿って記述したものです。
最も一般的な書き方で、同じ業務を長く経験した人に適しています。
キャリア人の中でも、複数の会社で経験を重ねた人には、キャリア形式の方が書きやすいでしょう。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方