転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  職務経歴書を書くときのポイント

職務経歴書を書くときのポイント

転職をする際の履歴書には、職務経歴書を付けることが効果的です。
職務経歴書の書く上で一番のポイントは、やはり「見やすさ」です。
どういう職務経験を経て転職をするのかなど、要点をわかりやすくまとめて書くこともポイントです。
自分が書いた職務履歴書を他の人にみてもらうとよいでしょう。
第三者に見てもらうことによって、自分ではわかっていても他人にはわかりづらい記述を指摘してもらうことができます。
またワードなどで職務経歴書を作成することで、
転職者のパソコンスキルを相手に知ってもらうことも出来ますが、
その場合も氏名の署名だけは手書きするのが一般的なようです。
そして、職務経歴書と履歴書との日付を合わせることも忘れないようにしてください。
さらに、職務経歴書は履歴書とは別の書面なので、それぞれに連絡先を記述しておくという心配りもポイントです。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方