転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方

契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方

契約社員の人が転職する時の職務経歴書を書く場合のポイントをご紹介します。
契約社員の人が転職する時の職務経歴書を書く場合は、
まず実務能力をアピールすることが大切になります。
そして転職を希望する企業と、
自分が派遣社員として働いていた企業での業務内容の共通点を詳しく記載するようにしましょう。
また、自分が派遣社員でどのような業務内容を担当していたのかを書き記し、
自分がどの分野が得意分野であるのかを明確にしておくとよいでしょう。
また、転職希望先の企業の業務内容に活かせるスキルや資格などを持っている人は、
職務経歴書の大きなアピールポイントになりますので、
転職の面接の時には、採用担当者の目に留まるように書き記しましょう。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方