転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方

フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方

現在フリーターである人や、フリーターであった期間がある人が、
転職を希望する場合の職務経歴書の書き方のポイントをご紹介します。
フリーター経験のある転職希望者に対して、転職希望の企業側が一番気にする点は、
「なぜ正社員ではなくフリーターを選択したのか」という点です。
企業側にしてみれば、正社員に比べ仕事内容の責任が軽いと思われるフリーターを選択した事は、
それだけで不利条件と見られてしまいます。
これを転職希望の企業側に納得してもらって面接を優位に運ぶためには、
企業が納得出来る理由を、職務経歴書に書き込む必要性があります。
また、職務経歴書には、正社員の時だけでなく、
フリーターとしてアルバイトしていた事を職務欄に書き込んでも構いません。
アルバイトして得た知識や、経験等を自己アピールにつなげて職務経歴書に書き込みましょう。
短期のアルバイト経験より、長期のアルバイト経験の方が、
印象が良くなる傾向がありますので、長期アルバイト経験に重点をおいてアピールしましょう。
それらの点をポイントにして書き込み、転職への道をつかみとりましょう。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方