転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方

職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方

転職する時に、職歴間のブランクがあった場合の、
職務経歴書の書き方のポイントをご紹介します。
職歴間のブランクが前回の職歴から、半年以内である場合は、
職務経歴書欄に「転職準備期間」と記入します。
しかし、面接の時にその理由を聞かれることもあるかもしれませんので、
一応答えは用意しておいたほうが良さそうです。
職歴間のブランクが半年以上ある場合、それなりの理由が必要となってきます。
採用担当者に、単なる怠けや、
書きたくないような理由があるのかと勘ぐられてしまっては不利になりますから、
ブランクの理由は職務経歴書にきちんと書いておきましょう。
病気や出産などの理由でブランクがある場合は、
そのことを正直に職務経歴書に書き記しておけば良いのですが、
転職活動が上手くいかなくて、ブランクがあいてしまった場合は、
「○○の資格取得のための準備期間」など、
スキルアップ期間であったことを書き記しておいた方が得策です。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方