転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方

転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方

転職回数の多い人が転職を希望する際の、
職務経歴書の書き方のポイントをご紹介します。
一般的に、転職回数が多いということは、人間性に問題があるのではないかとか、
忍耐力が人より足りないのではないかと疑われてしまう傾向にあります。
それは転職希望の企業側も同じで、転職希望者にとっては不利な条件です。
では、こういった企業側の不安をなくすためには、
職務経歴書にどのような工夫をする必要性があるのでしょうか?
まずは、数多くこなした転職によって得た、
多種にわたる実務能力を職務経歴書にアピールしていきましょう。
そして、転職希望先の企業の職種と関連のある職種経歴がある場合は、
協調して関連のある転職だとアピールするようにしましょう。
なるべく共通性のある職種を転職したと思わせることがポイントです。
また、今までの退職理由も職務経歴書に、詳しく書き記すようにしましょう。
ただし退職理由は、第三者が見ても納得出来るような内容であることが大切です。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方