転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方

長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方

長いキャリアを持つ人が転職する場合の、職務経歴書の書き方のポイントをご紹介します。
長いキャリアを持っていた人が転職する場合、
職種が転職希望先の企業と同じであれば、企業からも歓迎されるでしょう。
しかし反面、前の職場での勤務が長かった分、
新しい職場での切り替えがうまく出来るかどうかといった点が懸念されます。
新しい職場での人間関係や、
チームワークを崩すことなく保てることが出来るかも、問題になるようです。
こういった不安を、転職希望の企業側が解消できるような職務経歴書の書き方をしなければなりません。
長いキャリアを持っているということは転職にとってプラスポイントです。
希望する企業の関連がある業務内容を主に記載し、
以前の就業先の職務に限らず、色々な職種に対応できる能力や、
柔軟性があることをアピールしましょう。
また、前職での役職や、昇進の状況なども詳しく職務経歴に書き込んでおきましょう。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方