転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職務経歴書の書き方 >  キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方

キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方

以前の職場でのキャリアが短い人が転職を希望する場合、
職務経歴書に書ける事が少なくて困ると思います。
前の職場でのキャリアが少ないから仕方ないといって、
そのまま殆ど何も書き記さず、余白の多い職務経歴書では、採用担当者の心はつかめません。
キャリアの短さをフォローするためには、アピールをする工夫が必要です。
例えば、前職の職場で工夫をした事や、提案をした事、
自分の仕事に関してのコツなどを書き記すのも一つの手です。
これ以外にも、記載できる要素は全て書き記すようにしましょう。
特技や資格、また転職前のアルバイトやパートの経歴を職務経歴書に記入するのも良いでしょう。
なにより転職希望先の企業への志望動機や、
自己PRなどを熱く書き込む事が転職に対する熱意を感じさせて良いと思います。

職務経歴書の書き方

転職活動時には、履歴書と並ぶぐらい重要視されている書類である職務経歴書の書き方についてアドバイス。仕事経験が浅いヒト、フリーター、長いキャリアを持つヒトなど、それぞれごとの注意点もやさしく解説。

関連エントリー

・職務経歴書の形式
・職務経歴書を書くときのポイント
・経験が浅い人がIT系へ転職する場合の職務経歴書の書き方
・契約社員の人が転職する時の職務経歴書の書き方
・フリーターの人が転職をする場合の職務経歴書の書き方
・職歴間のブランクがあった人の職務経歴書の書き方
・転職回数の多い人が転職を希望する際の職務経歴書の書き方
・長いキャリアを持つ人が転職する場合の職務経歴書の書き方
・キャリアが短い人の場合の職務経歴書の書き方