転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接の対策 >  面接で必要な社会人としてのマナー

面接で必要な社会人としてのマナー

転職者の人のために、面接で必要な社会人としてのマナーを紹介します。
面接での第一印象は大切です。
清潔感のある、身だしなみを整えて面接に望むことは、社会人としてのマナーです。
会社から指定されたもの(例えば、履歴書・筆記用具など)は忘れずに持っていきましょう。
面接への遅刻はもちろん厳禁ですが、あまり早く到着しすぎるのも相手に迷惑をかけるのでよくありません。
面接時間の5〜10分前くらいに到着するようにすることがマナーです。
面接をする会社に入った瞬間から、面接は始まっています。
控え室でだらしない行動をとったりするのはもちろん、喫煙も面接時に匂いが残ってしまうのでよくありません。
そして、携帯の電源を切っておくことも忘れないようにしましょう。
これも社会人としてのマナーです。
転職者の方はそれまでの社会経験があるのですから、社会人としてのマナーが守られて当然だと思われています。
しっかりとマナーを守れる常識のある社会人であることをアピールしましょう。

面接の対策

転職を上手くいかすために避けては通ることが出来ない面接の対策についてアドバイス。社会人としてのマナーから人事担当者に気にいられるための注意点までやさしく解説。

関連エントリー

・転職者が面接で緊張しないために
・面接では清潔感のある身だしなみが大切
・面接の時に確認したいこと
・面接時の受け答えのコツ
・面接前に志望動機を考える
・転職理由の良い答え方
・面接時の効果的な自己PR
・面接で必要な社会人としてのマナー
・面接を成功させるコツ
・面接に遅刻しそうになったら