転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接の対策 >  面接に遅刻しそうになったら

面接に遅刻しそうになったら

転職活動で最大のポイントとなる面接についての注意点です。
転職試験では、書類選考を通過すれば、次は必ず面接を受けることになります。
面接は何度受けても、戸惑うことが多いものです。
あらかじめ面接に関する注意点を心得ていれば、当日も慌てること無く、
落ち着いて面接にのぞむことができます。
当たり前のことですが、面接には絶対に遅刻をしてはいけません。
面接が行われる会場には10分前には到着できるようにしましょう。
面接に遅刻をしないよう、早めに自宅を出るようにしましょう。
初めて行く会社ですから道に迷うことも考えられます。
もし何らかの事情で遅刻しそうになったときは、必ず人事担当者に連絡を入れましょう。
企業側は「社会人としての最低限のマナー」を身につけているかどうか、あなたをチェックしています。
連絡さえ入れておけば、遅刻だけで不採用ということはないでしょう。

面接の対策

転職を上手くいかすために避けては通ることが出来ない面接の対策についてアドバイス。社会人としてのマナーから人事担当者に気にいられるための注意点までやさしく解説。

関連エントリー

・転職者が面接で緊張しないために
・面接では清潔感のある身だしなみが大切
・面接の時に確認したいこと
・面接時の受け答えのコツ
・面接前に志望動機を考える
・転職理由の良い答え方
・面接時の効果的な自己PR
・面接で必要な社会人としてのマナー
・面接を成功させるコツ
・面接に遅刻しそうになったら