転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接の対策 >  転職者が面接で緊張しないために

転職者が面接で緊張しないために

転職者の人に、面接で緊張しないコツを紹介します。
面接となるとどうしても緊張でガチガチになってしまいます。
リラックスして面接を受けるために、普段より大きな声を出すことを意識してみましょう。
緊張すると、どうしても声が小さくなりがちです。
自分では普通にしゃべっているつもりでも、相手側には声が小さいと思われていることは、案外多いものです。
面接会場に入室する際、「失礼します!」と、まず大きな声で言ってみましょう。
これだけで随分気持ちが楽になり、緊張感が和らぎます。
新卒者ならともかく、転職者の面接であまりガチガチになっている人は頼りなく感じられると思います。
採用する側から見ても、覇気のない人より、大きな声で受け答えできる人を採用したいと思っているはずです。
また、普段よりも少し声のトーンを高くして話すことも、
自分の話が相手に伝わりやすくなるだけでなく、相手に対する印象度を高めることにもつながります。

面接の対策

転職を上手くいかすために避けては通ることが出来ない面接の対策についてアドバイス。社会人としてのマナーから人事担当者に気にいられるための注意点までやさしく解説。

関連エントリー

・転職者が面接で緊張しないために
・面接では清潔感のある身だしなみが大切
・面接の時に確認したいこと
・面接時の受け答えのコツ
・面接前に志望動機を考える
・転職理由の良い答え方
・面接時の効果的な自己PR
・面接で必要な社会人としてのマナー
・面接を成功させるコツ
・面接に遅刻しそうになったら