転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接を有利にする為に >  面接のための自己分析

面接のための自己分析

転職者の面接においては、自分の長所や短所を全て把握して、
自己分析した上で、面接官にに自己アピールすることが大切です。
そのためには、客観的、第三者的に自分を評価する目を持たなくてはなりません。
しかし、客観的に自己分析をするといっても、自分の長所ばかりに目がいってしまったり、
その逆に短所にばかり目がいってしまったりと難しいので、
家族や友人など第三者に意見を言ってもらうのが良いと思います。
自己分析ができたら、それを転職希望の企業にアピールすべく、まず文章にしてみます。
そしてその文章を自分で何度も読んでみて、
その自己アピールで自分を魅力的に感じるか感じられないか判断します。
こうした自己分析を何度も繰り返し、
面接本番で面接官に好印象を残せるような自己アピールが出来るようにしましょう。

面接を有利にする為に

面接を有利に進めるためのアドバイス。まずは自分を見直すための自己分析の方法から、男女ごとの身だしなみ、好印象を与えるためのコツなど細かい部分までやさしく解説。

関連エントリー

・面接の時にアピールしたい人間像とは
・面接のための自己分析
・面接を受ける時のダメなパターン
・面接を受ける時のタブーとは
・面接の時に好印象を与える話し方
・面接を成功させるための予習
・面接官の世代ごとに対応する
・面接の際の靴選び
・面接の際の女性のメイクについて
・面接を受ける時の男性の身だしなみ
・面接を受ける時の女性の身だしなみ
・資格を効果的にアピールするコツ