転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接を有利にする為に >  面接を受ける時のタブーとは

面接を受ける時のタブーとは

転職者に限らず、面接の時というのは、とても緊張するものです。
人間は緊張すると、無意識のうちに日常の癖や行動が出てしまうの、注意が必要です。
自分らしさを見せるのも、プラス方向に働けばいいのですが、
大抵の場合、相手に悪い印象しか与えません。
転職者が面接を受ける時のタブーとなる事柄を上げますので、自分でチェックしてみましょう。
まず、面接を受ける時の姿勢ですが、腕を組んだり、足を組んだりするのはよくありません。
面接官に威圧感や、礼儀知らずなイメージを与えてしまいます。
また終始髪の毛をいじっていたり、貧乏ゆすりをするなど、
人に不快感を与える行動もよくありません。
そして感情をむき出しにしたような話し方もよくありません。
転職の面接の場合、面接官があえて意地悪な質問をしてくることもあります。
そのような時は、たとえどんなに不愉快な質問でも、
試されてると考えて冷静に受け答えしましょう。
また話の内容にも気を配りましょう。
転職の場合はコネはありがちですが、コネを強調したりすることや、
他人の悪口を言ったりすることは、
あなたの品性をおとしめることになるので、くれぐれも慎みましょう。

面接を有利にする為に

面接を有利に進めるためのアドバイス。まずは自分を見直すための自己分析の方法から、男女ごとの身だしなみ、好印象を与えるためのコツなど細かい部分までやさしく解説。

関連エントリー

・面接の時にアピールしたい人間像とは
・面接のための自己分析
・面接を受ける時のダメなパターン
・面接を受ける時のタブーとは
・面接の時に好印象を与える話し方
・面接を成功させるための予習
・面接官の世代ごとに対応する
・面接の際の靴選び
・面接の際の女性のメイクについて
・面接を受ける時の男性の身だしなみ
・面接を受ける時の女性の身だしなみ
・資格を効果的にアピールするコツ