転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接を有利にする為に >  面接官の世代ごとに対応する

面接官の世代ごとに対応する

転職者の面接の場合、新卒者の面接とは違い、
面接官の世代や人柄を見極めて、対応を変えていく必要があります。
面接官が若い世代の場合は、自分がその面接官にとって、
使える後輩・良い後輩になるだろうと思わせることが秘訣になります。
この場合、あまり意欲的な姿勢や、
自分のスキルや経験を強くアピールすることは、煙たがれると思います。
しかし面接官が管理職クラスの世代である場合は、
逆に積極的に自分の転職前のスキルや経験、意欲的な姿勢をアピールしたほうが効果的です。
それに付け加えて見極めが難しいのですが、
自分の個性をアピールすることも、個性を大事に考える面接官の場合であれば効果的です。
いずれにしても、どの世代の面接官であっても、
物腰が柔らかく礼儀正しい人物に見せることが一番大事なことです。

面接を有利にする為に

面接を有利に進めるためのアドバイス。まずは自分を見直すための自己分析の方法から、男女ごとの身だしなみ、好印象を与えるためのコツなど細かい部分までやさしく解説。

関連エントリー

・面接の時にアピールしたい人間像とは
・面接のための自己分析
・面接を受ける時のダメなパターン
・面接を受ける時のタブーとは
・面接の時に好印象を与える話し方
・面接を成功させるための予習
・面接官の世代ごとに対応する
・面接の際の靴選び
・面接の際の女性のメイクについて
・面接を受ける時の男性の身だしなみ
・面接を受ける時の女性の身だしなみ
・資格を効果的にアピールするコツ