転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  面接を有利にする為に >  面接を受ける時の女性の身だしなみ

面接を受ける時の女性の身だしなみ

転職試験の面接を受ける時は、
男性も女性も清潔感のあるシンプルな身だしなみであることが共通のポイントです。
身だしなみには、服装・靴・ヘアスタイルやメイクはもちろん、爪の長さや持ち物も含まれます。
まず爪は短く切り、マニキュアはしないか、するのであれば透明のものを塗りましょう。
髪はあまり明るい色はよくありません。
茶髪の人は黒く染めておきましょう。
髪型はできるだけ顔にかからないようにし、髪の長い人はきちんとまとめておきましょう。
香水や、香りのきつい整髪料も控えましょう。
ピアスはしないほうが無難といえますが、シルバーやパール素材の、
小ぶりでシンプルなものならつけても良いでしょう。
メイクはあくまでもナチュラルメイクを心がけて、
あまりきつい色は使わないようにしましょう。
シンプルとかナチュラルという言葉を、おしゃれをしないこと、
と捉えてしまう人もいるようですが、それは間違いです。
その場にあったさりげないおしゃれが出来る人が好印象を与えるのです。
おしゃれのセンスのある人であれば、転職試験の面接官は「できる人」と思ってくれるでしょう。

面接を有利にする為に

面接を有利に進めるためのアドバイス。まずは自分を見直すための自己分析の方法から、男女ごとの身だしなみ、好印象を与えるためのコツなど細かい部分までやさしく解説。

関連エントリー

・面接の時にアピールしたい人間像とは
・面接のための自己分析
・面接を受ける時のダメなパターン
・面接を受ける時のタブーとは
・面接の時に好印象を与える話し方
・面接を成功させるための予習
・面接官の世代ごとに対応する
・面接の際の靴選び
・面接の際の女性のメイクについて
・面接を受ける時の男性の身だしなみ
・面接を受ける時の女性の身だしなみ
・資格を効果的にアピールするコツ