転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系への転職は面接前の情報収集が大切です

外資系への転職は面接前の情報収集が大切です

外資系企業への転職を希望する人は、面接前の情報収集が非常に重要です。
外資系企業の採用担当者によると、外資系企業に転職希望しているにもかかわらず、
何の予備知識もなしに面接に挑む人が非常に多いそうです。
転職を希望する外資系企業について、面倒でも面接前に十分に下調べしてから当日の面接に挑むことが大切です。
面接前に情報収集しておけば、面接時の質問にも答えやすくなりますし、
転職に対する意気込みも面接官に感じ取ってもらえると思います。
最低でも企業の「経営理念」「提供している製品やサービス」「創設年・創設者」「従業員数」などは押さえておきましょう。
これらの情報は、転職希望先の企業のHP、ビジネス誌などで調べることが出来ます。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ