転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業の面接時の質問

外資系企業の面接時の質問

外資系企業への転職を希望する際の面接では、転職希望者側が一方的に質問を受けるばかりでなく、
面接官とコミュニケーションをとることがポイントとなります。
面接官が質問してくる中で、転職者のあなたからも「なぜこのポジションの求人をしているのか」
「今まで成功してきた人は、どんなタイプの人であったか」など、
将来のビジョンを考える上で必要なことを、何でも質問していきましょう。
外資系企業での面接では、研修や昇進についての質問も決して失礼なことではありません。
むしろ、面接時に質問をするほうが、やる気を認められるくらいです。
日本企業と外資系企業では、面接に対しても転職に対しても、とらえ方が違います。
受身にならず積極的な態度で望むことが、外資系企業への転職を成功させるカギです。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ