転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業の面接のポイント

外資系企業の面接のポイント

外資系の企業でも、日本の企業でも面接官に好印象を与えることが、
転職者の面接の基本であることに変わりはありません。
「笑顔を絶やさず、緊張しないでリラックスした様子を見せる」ということが外資系企業での好印象のポイントとなります。
しかし、とにかく礼儀第一の日本の企業とは違い、外資系企業においては礼儀正しくおとなしい、
謙虚な人と思われることはあまりプラスにはとらえられません。
外資系企業が求めているのは、物怖じせずに自分の発言が出来る人です。
「この人と働きたい」と面接官に思わせることが出来れば転職も成功するでしょう。
そして面接の際に、転職希望企業やポジションについて多くの情報を得て、
この外資系企業への転職が自分のためになるかを判断することも忘れないでください。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ