転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業への面接時の態度

外資系企業への面接時の態度

外資系企業への転職を希望する人に、外資系企業での面接時の態度について、心構えを紹介します。
外資系の企業の場合、日本の企業と違って、礼儀正しいだけのおとなしい人よりも、
自信と積極性に溢れた人が好まれるようです。
まず、面接官と出会ったら、笑顔で相手の目を見て握手をしましょう。
このとき、ある程度力を入れて握ることを心がけてください。
面接官と握手をすることは、日本の文化では失礼なようですが、外資系企業では、
こういった態度によって、まず自信と熱意を伝えます。
面接中も、緊張していて難しいかもしれませんが、笑顔を絶やさず、リラックスした態度でいるようにします。
また姿勢も正しく、落ち着いたふるまいをすることで、
面接官に安定感・自信のある人という印象をアピールすることが出来るでしょう。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ