転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業では面接時態度に注意

外資系企業では面接時態度に注意

外資系企業への転職を希望する人に、外資系企業の面接時にとってはいけない誤解される態度について紹介します。
転職希望者の多くは、緊張のせいか、面接時知らず知らずのうちに、
消極的な印象を与えるしぐさやを繰り返しているのだそうです。
外資系企業の面接で、消極的な態度をとるのはマイナスです。
次のような態度は消極的であると誤解を与えてしまうので注意が必要です。
姿勢が悪いと不安そうで積極性のない人に見られます。
目を合わせないでいるのは、神経質で何かにおびえたり、ごまかしたりしているよう人のように見られます。
また、面接中に足を組んで座ることも良い印象は与えません。
面接時には自分の動作や態度には特に気をつけて、好印象を与えられるような態度を意識しましょう。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ