転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう

外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう

外資系企業の面接では、就職希望者からの積極的な質問は大切なコミュニケーション手段であり、
仕事に対する意欲の表れでもあります。
転職希望先の外資系企業が募集しているポジションについての質問は、
あなたがその仕事をしたがっていることをアピールするのに、とても効果的なプラスイメージの質問です。
企業についての質問もよいのですが、この場合あまりに基本的な質問をしてしまうと、
転職先の外資系企業について何の知識もないと受け取られてしまうので逆効果です。
仕事内容に関してはもちろんですが、「何人くらいで業務をこなしているのか」
「部署の目標や責任、どんな企業とかかわりをもつのか」など、
細かい業務内容についての熱心な質問も、プラスになる質問です。
事前にこのような面接官からプラスイメージに取ってもらえる質問を考えておくことが必要です。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ