転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業での面接時の服装

外資系企業での面接時の服装

外資系企業へ転職を希望する人は、面接時にどのような服装で行くのがよいのでしょうか。
採用担当者にアンケートを行った結果、約半分の人が服装や表情など外見的なことで印象がアップすると答えたそうです。
人を外見で判断するなん、と思いがちですが、逆に考えると、外見に気を使えば、
相手に好印象を与えられるということなのです。
特に面接では、身なりをきちんとするだけで、相手に好印象を持ってもらえる手段になるということです。
基本的には落ち着きのあるスーツで、髪型なども清潔感を心がければよいということなのでしょうが、
転職を希望する外資系企業にふさわしい服装で面接を受けるためには、
スーツにネクタイ着用がよいのか、ビジネスカジュアルスタイルがよいのか事前に確認しておくことが必要です。
その上で、面接当日は時間にゆとりをもって出かけましょう。
時間のゆとりや、面接にふさわしい服装は、あなたに自信を与えてくれるでしょう。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ