転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  外資系企業の対策 >  外資系企業の電話でのインタビュー面接

外資系企業の電話でのインタビュー面接

外資系企業への転職において、日本に支店がある外資系企業以外に、
最近では日本にいながらにして海外の企業に転職することも可能になってきました。
海外にある企業に履歴書を送付し、無事に合格した場合、直接面接ができないので、
代わりに電話でのインタビュー行われます。
まずはじめに、いつインタビューの電話をかけて欲しいかという、スケジュールを尋ねる電話がかかってきます。
そのインタビューまでにたっぷり時間をとって万全の準備をしたいのは山々ですが、
出来るだけ次の日または2日後くらいに日にちを設定するようにします。
電話インタビューの日にちが決まったら、転職希望先の企業についての情報を出来るだけ集めて、
通常の外資系企業の面接を受けるときと同じように準備しましょう。
応募職種に必要とされる知識で弱い部分があれば、それに関しての資料も集めておきます。
出来る範囲で資料を集め、電話インタビューでの面接を乗り切りましょう。

外資系企業の対策

外資系企業へキャリアアップのための転職も普通になった今、全く違う面接対策を学んでいきましょう。それと供に増えている人材派遣会社もともにアドバイス。

関連エントリー

・人材派遣会社の利用
・人材派遣会社のメリット
・人材派遣会社利用のポイント
・外資系への転職は面接前の情報収集が大切です
・外資系企業の面接時の質問
・外資系企業の面接のポイント
・外資系企業への面接時の態度
・外資系企業では面接時態度に注意
・外資系企業の面接ではプラスの質問をしましょう
・外資系企業の面接時にマイナスの質問をしない
・外資系企業での面接時の服装
・外資系企業の電話でのインタビュー面接
・外資系企業の電話でのインタビュー面接のコツ