転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職種別の対策 >  営業・販売系の職務経歴書の書き方

営業・販売系の職務経歴書の書き方

転職者の人が職務経歴書を書く場合、転職を希望する業種によって、
内容のポイントを変えることが必要となってきます。
営業・販売系の企業に転職を希望する場合の職務履歴書には、転職前の実績として、
目標達成率や販売金額などの数字を、しっかりと記述しておきましょう。
営業内容や、販売方法、取り扱い商品などの、これまで経験した職務内容を明記しながら、
自分の営業・販売における工夫やポリシーを盛り込みましょう。
また、マネージメント経験がある場合は、その規模や自分の役割、部下の人数といったことも書いておくと良いでしょう。
職務経歴書は、転職者が評価される重要なポイントです。
職務経歴書を効果的に使って自己PRにつなげましょう。

職種別の対策

IT系、事務職、営業職、企画、マーケティング、コンサルタント、メディカル系など、いろいろな職種ごとの退職やキャリアアップのアドバイス。面接対策もやさしく解説。

関連エントリー

・IT系へ転職する際の履歴書について
・販売・サービス職へ転職希望の人の履歴書の添え状
・営業・販売系の職務経歴書の書き方
・企画・マーケティング系の職務経歴書の書き方
・事務職へ転職希望する人の履歴書の添え状
・事務系の職務経歴書の書き方
・クリエイティブ系の職務経歴書の書き方
・IT関連技術系の職務経歴書の書き方
・技術職へ転職希望の人の履歴書の添え状
・技術系(電気・電子・機械)の職務経歴書の書き方
・技術系(建築・土木)の職務経歴書の書き方
・メディカル系技術職の職務経歴書の書き方
・IT系プロジェクトマネージャーの職務経歴書の書き方
・ITコンサルタントの職務経歴書の書き方
・SI営業の職務経歴書の書き方
・SEプログラマの職務経歴書の書き方
・IT系転職者の面接時の注意点
・SEからコンサルタントを目指す人に必要な3つのスキル