転職・キャリアアップの面接対策ガイド・トップへ戻る >  職種別の対策 >  SEからコンサルタントを目指す人に必要な3つのスキル

SEからコンサルタントを目指す人に必要な3つのスキル

キャリアアップの実現の為には転職は1つの大きな選択肢です。
SE(システムエンジニア)からコンサルタントを目指す人の場合、
SEの間にしっかりとスキルアップしておきたいポイントに次の3つがあります。
1.正確なプログラミングを行うためには、論理的な思考力が必要です。
設計も同様ですが、顧客の要望をいかにシステムに落とし込むかといった、
ロジカルな考え方が要求されます。
2.また、顧客や協力会社との折衝などによって、
プロジェクトを進めていくうえで必要なさまざまな調整から、
物事を効率的に進めていく力が身に付けることです。
また、ルーティンな業務も工夫1つで改善できることがあります。
常に段取り良く動く事を考えながら仕事をしていくことで、
プロジェクトや業務をスムーズに進めていく仕切りができるようになります。
3.コンサルティングの仕事は、かなりストレスのかかる仕事です。
そのため、タフでなくてはなりません。
システム構築に携わる上で、直面するいろいろなトラブルを乗り越える経験の積み重ねが、
物事に動じない、強い精神力を強化してくれます。
自分の考えるキャリアプランに向けて、このようなスキルアップについて考えて見ましょう。

職種別の対策

IT系、事務職、営業職、企画、マーケティング、コンサルタント、メディカル系など、いろいろな職種ごとの退職やキャリアアップのアドバイス。面接対策もやさしく解説。

関連エントリー

・IT系へ転職する際の履歴書について
・販売・サービス職へ転職希望の人の履歴書の添え状
・営業・販売系の職務経歴書の書き方
・企画・マーケティング系の職務経歴書の書き方
・事務職へ転職希望する人の履歴書の添え状
・事務系の職務経歴書の書き方
・クリエイティブ系の職務経歴書の書き方
・IT関連技術系の職務経歴書の書き方
・技術職へ転職希望の人の履歴書の添え状
・技術系(電気・電子・機械)の職務経歴書の書き方
・技術系(建築・土木)の職務経歴書の書き方
・メディカル系技術職の職務経歴書の書き方
・IT系プロジェクトマネージャーの職務経歴書の書き方
・ITコンサルタントの職務経歴書の書き方
・SI営業の職務経歴書の書き方
・SEプログラマの職務経歴書の書き方
・IT系転職者の面接時の注意点
・SEからコンサルタントを目指す人に必要な3つのスキル